忙しい人も安心!損しないスポーツジム活用方法

忙しくても損せずスポーツジムに通いたい!

色々なジムを体験してみる

電車に乗っていたら様々なスポーツジムの看板が窓から見えます。 チラシもよく配っていたり、ポストに入っていたりします。 最近服が入らなくなった、体力が落ちた、何かをきっかけにその広告を思い出すかもしれません。その時にどのようにジムを選ぶのか考えてみませんか。

スポーツジムの選び方

まず何をきっかけにスポーツジムに通おうと思いましたか?

久しぶりに会った友達がすごくやせていた、最近はウエストがゴムのスカートしか履いていない、ついには普通に歩いているだけで足をつったということが重なり私はジム通いを決意しました。
しかし今までにもジムに通った経験はあります。
まず何も考えずに最寄のジムに通うことに決め、一番安い会員になりました。しかしそこは若い会員に力を入れているのか立地もあったのか、大学生や20代前半くらいの男性が多く、人の目が気になる私には向いておらず数ヵ月後にはお風呂だけを使いに行っていました。次は男性の目が気になるのであればと、女性専用ヨガ教室へ行きました。しかしヨガというものは精神的にはとても良かったのですが、一向にやせなかったというのが個人的意見です。ある程度やせた人が維持のためにするのがヨガなのかもしれないと思い断念。しかしヨガ教室はプランによって違う店舗にも行くことができるものだったので仕事帰りでも休日でも近くの教室へ行くことができたのはとても良かったです。
そして次に知り合いが半年で8kgやせたというところを教えてもらいまずは体験に行こうと予約したのですが、そこは女性専用でマシンが円に置いてありリズムに合わせながらマシンを変えていくというところでした。そこはショッピングセンターにあり人通りが多い上に半ガラス張りのような作りでここでみんなに見られながらダイエットする前にダイエットしなければならないというような気持ちになり、断念。
最終的に自宅から近く24時間やっているところで入会特典でついたパーソナルトレーナー無料で自分に必要なマシンと運動だけを聞いて徹底的にやることにしました。
これだけ色々なジムに行っていてもまだ自分に合ったところは分からず、ただ何事も気持ち次第!ということは分かりました。

体を動かす面で損をしない!

どのようなマシンがあるのかどのようなスタジオレッスンがあるのか、ということを良く調べたり、使い方を知ることや目標をしっかり立てることで無駄な運動をせずに効率よく運動をすることができ、目標を達成しやすいものにして、通うことのモチベーションを維持することで、損なく通いましょう!

運動以外の面で損をしない!

運動をする以外でも充実の施設内だったり、料金や会員特典というものまで見学やスタッフに聞いてみて知ることもあると思います。 結構自宅のガス代やお湯代を浮かせるためにジムでお風呂に入るという方も少なくないようです。 損をしないためにも運動以外のスポーツジムのことを知りたいですね。